α7RIIIファーストインプレッション

記憶が鮮明なうちに、富士フイルム X-H1からSONY α7RIIIへ移行した経緯(言い訳)やα7RIIIのファーストインプレッションをまとめたいと思います。 α7RIIIを選んだ理由 この数週間、様々なメーカーのカメラ(フルサイズ機)を触りました。・各社一眼レフ ・・…

迷走からのハイジャンプ

予想もしていなかった流れでうまく整理できていないのですが、偏愛していた富士フイルムのカメラを手放しました。 兆し 事の発端はFringerです。 X-H1にシグマのレンズを組み合わせてこれは良いと感じました。 その後、X-H1で使いたいレンズを探すうちにフル…

Fringer EF-FX Pro II(FR-FX2)を購入しました

少し前から気になっていたモノをついに入手しました。 Fringer EF-FX Pro IIとは www.fringeradapter.com Fringerは富士フイルムXマウントのボディでCanon EFマウントのレンズが使用できるマウントアダプターです。 ただのマウント変換アダプターではなく電…

令和元年GWさんぽ

ここ最近はブログのネタになる写真が撮れてなかったので、なんとか家族サービスの隙間をぬってGWに東京タワー周辺と清澄庭園をさんぽしてきました。あと、今回は久々にレタッチの構成を見直してます。フイルムシミュレーション:クラシッククロームベースの…

【フォトウォーク】丸の内&千鳥ヶ淵【ひとり】

X-H1のメンテナンスがてら、丸の内周辺と桜が満開の千鳥ヶ淵をブラブラしてきました。 本日の機材 FUJIFILM X-H1 + XF50-140mm F2.8、XF1.4X TC WR Leica D-LUX7 丸の内周辺 富士フイルムイメージングプラザでX-H1を預け、メンテナンスの待ち時間で周辺を散…

いつかは・・・

どんな趣味にも「いつかは」という言葉が存在します。カメラ趣味においては「いつかはフルサイズ」「いつかはフラッグシップ」といったものでしょうか。 ただ、それを実現するには超えるべきハードルがいくつもあり、その中でも最も大きなものは「資金」にな…

【作例】MCEX-16(マクロエクステンションチューブ)【レビュー】#1

様々なレンズで接写が可能になるマクロエクステンションチューブ「MCEX-16」のレビューです。 MCEX-16についてはこちら マウントアダプター | 富士フイルム マクロエクステンションチューブによる撮影倍率 レンズ情報はこちら 富士フイルム Xマウントレンズ…

X-T30を「買わない」理由について考えてみる

まもなく発売されるXシリーズのミドルレンジ機種「X-T30」ですが、気になるものの今のところスルーが濃厚です。 X-T30基本情報 ・2,610万画素のX-Trans CMOS4 センサー・ X-Processor 4・画面全体をカバーする位相差画素数216万画素のセンサー・メカニカルシ…

【作例】XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR【レビュー】#1

赤バッジレンズの1本「XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR」の作例です。 レンズ情報はこちら 富士フイルム Xマウントレンズの仕様一覧 - 一日一撮 1.4倍テレコン「XF1.4X TC WR」との組み合わせで換算75mm~300mmをカバーするこのレンズは、明るさと画質を高い次…

【作例】XF90mm F2 R LM WR【レビュー】#1

ポートレートだけでなく簡易マクロからスナップまで活躍できる「XF90mmF2 R LM WR」の作例です。 レンズ情報はこちら 富士フイルム Xマウントレンズの仕様一覧 - 一日一撮 至高のポートレートレンズ「XF56mm F1.2」と使い分けている方も多いと思いますが、こ…

カメラアクセサリー沼について(後編)

カメラアクセサリー沼についての後編です。 前編はこちら ボディケース ※X-E3のみ 少し大きめのレンズと組み合わせる際、ボディサイズ的にグリップ感がやや悪くなる為、純正のボトムレザーケース(BLC-XE3)を使用しています。 ただ、着脱が微妙に面倒なのと…

写真データの管理、バックアップはNAS+クラウドが超快適!

カメラを趣味にすると必ず必要になる写真(撮影)データの管理方法についてまとめてみました。際限なく増えていく膨大な撮影データをいかに管理・保管していくのか悩んでいる方も多いと思いますので、何かの参考になれば幸いです。※後々、図や補足説明を追加…

【作例】XF16mm F1.4 R WR【レビュー】#1

ほしいと思っていた大口径プライムシリーズの1本「XF16mm F1.4 R WR」を購入しましたので、早速レビューしたいと思います。 レンズ情報はこちら 富士フイルム Xマウントレンズの仕様一覧 - 一日一撮 次に購入するレンズはXF16-80mm F4(XF18-135mmと入れ替え…

カメラアクセサリー沼について(前編)

カメラを趣味にすると避けては通れないカメラアクセサリー沼(私の場合は別名:ピークデザイン沼とも言います)の一端をご紹介します。 カメラアクセサリー沼とは カメラはボディとレンズ、記録媒体(SDカード等)を買えば、なんの不自由もなく写真を撮るこ…

【作例】XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR【レビュー】#1

昨年の運動会(小学校)で圧倒的な望遠不足を痛感し、その後にイベントも続いたため急遽導入した「XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR」の作例です。 レンズ情報はこちら 富士フイルム Xマウントレンズの仕様一覧 - 一日一撮 当時は大三元望遠ズーム「XF50-140…

2019年1月現在の機材構成

この1年、色々と回り道もしましたが、かなり機材構成が固まってきたような気がしますので、私の行動パターンごとに整理してみたいと思います。 フル装備 ひとりでフォトウォークする時の構成 ボディ ・X-H1 ・X-E3 レンズ ・XF16mm F1.4 ※被写体に応じて ・X…

【作例】XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ【レビュー】#1

X-E3をコンデジ化するために導入した「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」の作例です。 レンズ情報はこちら 富士フイルム Xマウントレンズの仕様一覧 - 一日一撮 富士フイルムXF/XCレンズ唯一の電動ズームで、電源OFF時(鏡筒収納時)は4cm程度になります。X-E3と…

【作例】XF35mm F1.4 R【レビュー】#1

富士フイルムユーザーであれば説明不要の神レンズ「XF35mm F1.4」の作例です。 レンズ情報はこちら 富士フイルム Xマウントレンズの仕様一覧 - 一日一撮 一度ツァイスの「Touit 1.8/32」に入れ替えたものの、絞り解放での画が恋しくなり、二度目の購入です。…

【作例】XF10-24mm F4 R OIS【レビュー】#1

つい先日(2018年11月29日)、4本目の赤バッジレンズXF8-16mm F2.8が発売されましたが、価格的にも大きさ的にも手が伸びず、引き続きXF10-24mm F4が旅行や狭い室内イベントでのスタメンです。 レンズ情報はこちら 富士フイルム Xマウントレンズの仕様一覧 - …

【フォトウォーク】浅草&東京タワー【ひとり】 #3

浅草&東京タワーフォトウォーク最終回です。 フォトウォークの概要と過去の記事はこちら 外観~展望台(メインデッキ) 赤羽橋駅から接近します。 すでにカッコいい。 リニューアル工事の青いネットが良いアクセントになっている気がします。今しか撮れない…

【フォトウォーク】浅草&東京タワー【ひとり】 #2

浅草&東京タワーフォトウォークその2です。 フォトウォークの概要と前回の記事はこちら www.issatsu.net 雷門・仲見世通り 当日(1月2日)はさすがに初詣の人で賑わっており、交通整理の警察も出動していました。雷門から30分かけて仲見世通りを歩き浅草寺…

【フォトウォーク】浅草&東京タワー【ひとり】 #1

新年早々、奥さんから時間をもらって浅草近辺と東京タワーをフォトウォークしてきました。実はひとりで「写真撮影」を目的として外出するのは初めてで、行く場所(撮りたいもの)は決めたものの、全くのノープランさんぽです。 ただし、浅草は初詣で大混雑が…

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】#1

2018年最後に買ったレンズ「XF56mm F1.2 R APD」の作例です。 レンズ情報はこちら 富士フイルム Xマウントレンズの仕様一覧 - 一日一撮 実は以前無印の方を持っていたのですが、初めての寄れないレンズを扱いきれず手放してしまったんですよね。 入れ替えで…

富士フイルム Xマウントレンズの仕様一覧

持っていないレンズが気になってきた時、さっと確認できるようにまとめてみました。 画質・明るさはもちろん、重さ・大きさも非常に重要なので、ぜひ一緒に沼の中で最高のレンズ構成を探しましょう(笑) ちなみにレンズ名横のマークは以下になります。 〇 → …

富士フイルムのカメラってどんなもの?

カメラ主体ではない家電量販店のカメラ売り場を覗くと分かるのですが、富士フイルムのスペースはかなり少ない(もしくは無い・・・)です。 一年ほど前の私が持っていた各メーカーイメージ(デジタル一眼カメラ)は ニコンキャノン プロ、ガチ勢向け ソニー 尖っ…

これからのために

写真を趣味として一年が過ぎ、紆余曲折を経て今日(FUJIの病)に至りました。 正確には7年ほど前、子供が生まれたのをきっかけにレンズ交換可能なデジカメを購入したのが最初ですが、お世辞にも「写真が趣味」と言える枚数は撮っておらず、その後いくつかの…

プライバシーポリシー