雑記

迷走からのハイジャンプ

予想もしていなかった流れでうまく整理できていないのですが、偏愛していた富士フイルムのカメラを手放しました。 兆し 事の発端はFringerです。 X-H1にシグマのレンズを組み合わせてこれは良いと感じました。 その後、X-H1で使いたいレンズを探すうちにフル…

Fringer EF-FX Pro II(FR-FX2)を購入しました

少し前から気になっていたモノをついに入手しました。 Fringer EF-FX Pro IIとは www.fringeradapter.com Fringerは富士フイルムXマウントのボディでCanon EFマウントのレンズが使用できるマウントアダプターです。 ただのマウント変換アダプターではなく電…

いつかは・・・

どんな趣味にも「いつかは」という言葉が存在します。カメラ趣味においては「いつかはフルサイズ」「いつかはフラッグシップ」といったものでしょうか。 ただ、それを実現するには超えるべきハードルがいくつもあり、その中でも最も大きなものは「資金」にな…

X-T30を「買わない」理由について考えてみる

まもなく発売されるXシリーズのミドルレンジ機種「X-T30」ですが、気になるものの今のところスルーが濃厚です。 X-T30基本情報 ・2,610万画素のX-Trans CMOS4 センサー・ X-Processor 4・画面全体をカバーする位相差画素数216万画素のセンサー・メカニカルシ…

カメラアクセサリー沼について(後編)

カメラアクセサリー沼についての後編です。 前編はこちら ボディケース ※X-E3のみ 少し大きめのレンズと組み合わせる際、ボディサイズ的にグリップ感がやや悪くなる為、純正のボトムレザーケース(BLC-XE3)を使用しています。 ただ、着脱が微妙に面倒なのと…

カメラアクセサリー沼について(前編)

カメラを趣味にすると避けては通れないカメラアクセサリー沼(私の場合は別名:ピークデザイン沼とも言います)の一端をご紹介します。 カメラアクセサリー沼とは カメラはボディとレンズ、記録媒体(SDカード等)を買えば、なんの不自由もなく写真を撮るこ…

2019年1月現在の機材構成

この1年、色々と回り道もしましたが、かなり機材構成が固まってきたような気がしますので、私の行動パターンごとに整理してみたいと思います。 フル装備 ひとりでフォトウォークする時の構成 ボディ ・X-H1 ・X-E3 レンズ ・XF16mm F1.4 ※被写体に応じて ・X…

富士フイルムのカメラってどんなもの?

カメラ主体ではない家電量販店のカメラ売り場を覗くと分かるのですが、富士フイルムのスペースはかなり少ない(もしくは無い・・・)です。 一年ほど前の私が持っていた各メーカーイメージ(デジタル一眼カメラ)は ニコンキャノン プロ、ガチ勢向け ソニー 尖っ…

これからのために

写真を趣味として一年が過ぎ、紆余曲折を経て今日(FUJIの病)に至りました。 正確には7年ほど前、子供が生まれたのをきっかけにレンズ交換可能なデジカメを購入したのが最初ですが、お世辞にも「写真が趣味」と言える枚数は撮っておらず、その後いくつかの…

プライバシーポリシー