【作例】XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR【レビュー】#1

昨年の運動会(小学校)で圧倒的な望遠不足を痛感し、その後にイベントも続いたため急遽導入した「XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR」の作例です。

レンズ情報はこちら

富士フイルム Xマウントレンズの仕様一覧 - 一日一撮

 

当時は大三元望遠ズーム「XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」まで揃えるつもりはなかったので、広角も望遠も必要なイベントには便利ズームだ!という勢いで買ったレンズです。

 

 作例写真  

【作例】XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR【レビュー】

【作例】XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR【レビュー】

【作例】XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR【レビュー】

【作例】XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR【レビュー】

【作例】XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR【レビュー】

【作例】XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR【レビュー】

ワイド端が18mmスタートなので、メインで使用している標準ズーム「XF16-55mmF2.8 R LM WR」よりやや狭く感じることもありますが、1本で18mm~135mm(換算27mm~202mm)までカバーできるのは非常に便利です。テレ端ではそこそこボケますし、強力な手ブレ補正を搭載しているのもポイントですね。

画質については、レッドバッジズームや単焦点と比較するとやはり厳しい評価になってしまうと思いますが、明るさや大きなボケが必要な場面以外は絞ればわりとキレキレですし、個人的にはネット上の評価より全然普通に使えるなーという感想です。

ただ、2019年中にはXF16-80mm F4が発売されますので、便利ズーム枠はそちらに譲ることになりそうです。

プライバシーポリシー