【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】#1

2018年最後に買ったレンズ「XF56mm F1.2 R APD」の作例です。

レンズ情報はこちら

富士フイルム Xマウントレンズの仕様一覧 - 一日一撮

 

実は以前無印の方を持っていたのですが、初めての寄れないレンズを扱いきれず手放してしまったんですよね。

入れ替えで買ったTouit 2.8/50Mは等倍マクロでツァイスのマクロプラナーでキレキレで最高でしたが、ボケの質があまり好みでなかったこともあり、再び中望遠のXF56mmが気になっていました。

XF56mm F1.2 R APDと無印のレビューを色々見ていると、APDは神レンズXF35mm F1.4 Rのボケ感とツァイスのキレ感を合わせ持ったような作例が多く、とても好みな写りでしたので今回購入に至りました。

 作例写真

とりあえず、近所の動物園と公園で試し撮りwith長女です。

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

【作例】XF56mm F1.2 R APD【レビュー】

ピント面のキレとザワつきそうな背景でのなめらかなボケ控えめに言って最高です。

※AFはかなりのんびりしていますので、動体はMFで置きピン連射じゃないと私の腕では無理そうです(笑) 

プライバシーポリシー