カメラアクセサリー沼について(後編)

カメラアクセサリー沼についての後編です。

前編はこちら

 

ボディケース ※X-E3のみ

少し大きめのレンズと組み合わせる際、ボディサイズ的にグリップ感がやや悪くなる為、純正のボトムレザーケース(BLC-XE3)を使用しています。

カメラアクセサリー沼について

カメラアクセサリー沼についてただ、着脱が微妙に面倒なのと、後述のキャプチャーと併用できないことより、X-H1と2台体制を組む場合は未使用です。とはいえ、さすが純正品だけあって質感は良く、X-E3をメインで使用する日は必ず装着しています。

ピークデザイン キャプチャーV3

ここまでストラップやボディケースの話を展開しておいてアレなのですが、カメラバッグを持っている時は、ほぼハンドストラップとピークデザインのCapture V3(キャプチャーV3)の組合せです。

カメラアクセサリー沼について理由としては単純に子供の怪我防止です。ネックストラップだとカメラがブラブラしてしまい、ちょうど子供の頭のあたりに鈍器がぶら下がっている状態になってしまう為、特に荷物で手が塞がってしまうような時はキャプチャーでカメラを固定しています。

カメラアクセサリー沼について

カメラアクセサリー沼についてキャプチャーはカメラバッグの左側ショルダーハーネスに取り付けています。カメラを取り付ける時は右手1本でプレートに差し込み、取り外すときは左手でレンズを持ちつつ右手でロックボタンを押さえながら引き抜く感じです。

少しコツが必要になりますが、カメラが簡単に固定・取り外しできる&両手がフリーになるというのは非常に便利なもので、一度使うと手放せないアイテムになると思います。

まとめ

色々と書いてきましたが、結局ピークデザインのアイテムは控えめに言って最高ということでした(笑)

プライバシーポリシー