いつかは・・・

どんな趣味にも「いつかは」という言葉が存在します。
カメラ趣味においては「いつかはフルサイズ」「いつかはフラッグシップ」といったものでしょうか。

ただ、それを実現するには超えるべきハードルがいくつもあり、その中でも最も大きなものは「資金」になるかと思います。
もちろん、普通に社会人生活を送っていれば分割払いという奥の手(無金利長期ローン)も選択可能なので、決して超えられないほどのハードルではありません。

しかし、現実的には家族やパートナーの目もあり、趣味に多額のお金を注ぎ込むことは容易ではなく・・・。

 
先日、一つの「いつかは」を達成しました。
欲望と自制心の狭間でどうにか落し所を見出し、ギリギリ周囲の理解を得られた結果がこちらです。

Leica D-LUX7

Leica(ライカ) D-LUX7を購入しました。

Leica D-LUX7

Leica D-LUX7

ついに「いつかはライカ」の第一歩を踏み出してしまいました。
趣味性と実用性、ギリギリの経済性から導き出した結論はライカのコンデジ D-LUX7です。

本機はパナソニック LX100M2のOEMであり、異なるのは見た目程度ですが、今回はその見た目に1.5倍の対価を支払いました。

性分的には機能やスペックが気になるタイプなので、それほどデザインは重視しないのですが、
・気軽に持ち出したい(大きさ、重さ)
・色々な場面でキレイに撮りたい(1インチより大きなセンサー、明るいズームレンズ、手ブレ補正)
・1台で完結したい(静止画、動画)
・富士フイルムの操作性がほしい(物理ダイヤル多め)
・カッコいい(デザイン)
を満たす1台を探した結果、ライカ D-LUX7に至りました。

もちろん、ライカとはいえその他の高額モデルとは似て非なるものではありますが、所有欲を含め総合的な満足度は高いです。

参考:フォトヨドバシ

photo.yodobashi.com

作例写真

とりあえず、スタンダードな設定で撮って出しテストです。

Leica D-LUX7

Leica D-LUX7

Leica D-LUX7

手持ちでの夜景も少し。F1.7~2.8・ISO400~800・SS0.5秒です。

Leica D-LUX7

Leica D-LUX7

Leica D-LUX7

手ブレ補正もしっかり効きますし、ISO800程度ならノイズも気にならない感じですね。

 

実はこのコンデジ枠、最後まで先日発売されたリコー GR3と悩みました。
サイズ感とカリカリの画質は非常に魅力的でしたが、被写体の9割が子供という状況から利便性は捨てがたい要素です。

普段使いできるライカ D-LUX7、コスパ最高のパナソニック LX100M2 どちらも良いカメラだと思います。

プライバシーポリシー