迷走からのハイジャンプ

予想もしていなかった流れでうまく整理できていないのですが、偏愛していた富士フイルムのカメラを手放しました。

兆し

事の発端はFringerです。

X-H1にシグマのレンズを組み合わせてこれは良いと感じました。

その後、X-H1で使いたいレンズを探すうちにフルサイズ用のレンズが目に入るようになり、元々のスペック至上主義的な性分からフルサイズミラーレスという選択肢がチラつき始め・・・。

マウント変更という選択

完全に迷走状態だったことは否めませんが、視界が広がってからは非常にスムーズでした(笑)

これまで大前提としてメインのボディを変えるという選択肢はなかったのですが、自分の中で設けていた様々なハードルは別のカメラでも超えられそう、という感覚が芽生え
・許容可能なコスト
・必要とする機能
・求める品質
から絞っていくと1台のカメラに到達しました。

SONY α7RIII(ILCE-7RM3)を購入

www.sony.jp

1年前の自分的には正気の沙汰とは思えない行動ですが、SONYのフルサイズミラーレスカメラα7RIIIを購入しました。

瞳AF、トリミング耐性、EVF性能、ビルドクオリティなど、メリットに感じた部分は多々あるのですが、1番はコスパかもしれません。
某量販店にて
・店頭表示価格348,680円が値引き交渉で310,000円
・ポイント10%還元で実質279,000円
で購入し、そこから公式キャッシュバック(30,000円)で実質249,000円となります。これはX-H1購入時の価格に近く、手が届かないと思っていたハイエンド機のハードルがグッと下がりました。

こんなハイスペックなカメラを持って何が撮りたいんだろうと日々自問自答していますが、写真(とカメラ機材)が趣味だからということで乱暴に締めくくりたいと思います。 

 

プライバシーポリシー