X-T30を「買わない」理由について考えてみる

think about X-T30
まもなく発売されるXシリーズのミドルレンジ機種「X-T30」ですが、気になるものの今のところスルーが濃厚です。

X-T30基本情報

・2,610万画素のX-Trans CMOS4 センサー
・ X-Processor 4
・画面全体をカバーする位相差画素数216万画素のセンサー
・メカニカルシャッター時8コマ/秒の連写が可能
・約1660万画素で最速30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写に対応
・4K30p動画
・ファインダー倍率0.62倍のEVF
・3.0型104万ドット タッチパネル チルト液晶
・16種類のフィルムシミュレーション
・アドバンストSRオート
・Wi-Fi・Bluetooth搭載
・サイズ:118.4×82.8×46.8mm
・重さ:383g
・カラー:ブラック・シルバー

画像等はこちらのサイトで

www.nokishita-camera.com

同じレンジの「X-E3」を所有していることもあり、もし入れ替えるのであればそちらと入れ替えになりますが、目新しい部分は新しいセンサーとプロセッサーぐらい?という感覚で、あまり食指が動いていません。

もし、X-T100の3軸チルト、X-T3・GFXのカラークロームエフェクト、X-H1の手振れ補正の何れかがあれば、かなり惹かれる要素になっていましたが、さすがに全部盛りという機種ではない為、難しそうですね。

しばらくはX-H1&X-E3という構成を崩さず(X-E4発売の噂が立てば再考)写真のウデを上げることに専念したいと思います。
※ただ、コンデジ枠で近々発売されるRICOH GR3はとても気になっていて、どれかレンズを生贄にしてでも購入する予定です。
コスパ的にGR2を選ぶかもしれませんが(笑)

2/14追記:カラークロームエフェクト載ってます!あの深みのある色を試してみたいところですが、ここはグッと我慢してX-H2 or X-E4に備えようと思います・・・

 

プライバシーポリシー